プロテインの種類

プロテインの種類

スポーツ店や薬局を覗いてみると、様々な種類のプロテインが商品棚に所狭しと並べられているのを良く見かけます。同じメーカーの商品でも、持久力系やら瞬発力系やら中には野球専門のプロテインなども並べられています。
Four Reasons You Should be Using Protein for Muscle Building ...

それがメーカーごとに有るのですから、“さあ今日からプロテインを飲んで体を鍛えるぞ!”と息巻いてきたお客さんも、あまりの商品の多さに何を買っていいかわからず、“今回はいいや”と熱が冷めてしまう事も良く見られる光景です。こういう失敗は“自分が何を目的としてプロテインを飲むのか”がはっきりしていない為に起きるのです。
プロテインナビ
 プロテインは原材料別にホエイプロテイン(消化吸収が早い)・カゼインプロテイン(消化吸収が遅い)・エッグプロテイン(良質のタンパク質で短時間で消化)・大豆(ソイ)プロテイン(健康に良く消化が早い)の4つの種類に大きく分けられます。
JISSN | Abstract | Dietary protein to maximize resistance training: a ...

 ホエイプロテインとエッグプロテインは筋肉を増強させたい人にお勧めのプロテインです。吸収が非常に早く、筋肉等体の組織の材料になりやすいという特徴を持っています。この二つの違いはエッグの方が良質なたんぱく質で、値段も高価だという事。
海外プロテインの紹介
また、牛乳から出来ているホエイプロテインを体質的に飲めない人はエッグプロテインを代替品として摂取しています。しかし、安価な事と品質もそこそこ良い為ホエイプロテインの方が主流となっています。ホエイプロテインは成分表に“乳清”と入っているかどうかで判断出来ます。

 カゼインプロテインと大豆プロテインはダイエットを目的とする人にお勧めのプロテインです。タンパク質の吸収がゆっくり行われる為に腹持ちも良く、筋肉の分解を抑える(カゼインプロテイン)代謝を良くする働き(大豆プロテイン)を持っている等と痩せるにはうってつけのプロテインです。

また、トレーニングを行わない休息日の栄養補給の為に摂取するアスリートも居ます。カゼインプロテインは単独で販売されている事は少なく、大抵がホエイプロテインと混合されて販売されています、成分表からは判断しにくいですが、大抵商品名や説明書きに“カゼイン”の文字が入っていますので判別は簡単でしょう。

 プロテインの種類は多くありますが、この4つの種類と特徴を知っていれば大体の効果は見えてきます。自分が目指す体を手に入れる為に、商品毎の特徴を理解して購入する事をお勧めいたします。
liensweb_大豆