仲人のポジション

仲人のポジション

liensweb_結婚
私の隣の席が仲人だったんです。あるお菓子会社のモニター座談会に当選して、私はウキウキで会場まで出かけました。会場に集まった人数は全部で15人。年齢も性別もバラバラで共通点はお菓子が大好きということ。

会社の従業員の進行に合わせて、まずはさしさわりのない程度で自己紹介をしたんですが、私の隣の席の人、仲人だったんです!びっくりしたので2回言いました。だって本当に名刺に仲人って書いてあるんです。はっきりいって、仲人って昭和の初期に絶滅したか、ほとんどいない職業だと思っていました。

喜ばれる引き出物とは

…なんて言ったら、今現役で働いている全国の仲人さんにお叱りを受けそうですね。彼女との出会いで、今でもかなりの数の仲人さんがいらっしゃることがわかったので、絶滅を密かに危惧していたことは私の胸の内だけにしまっておきます。

もうそうなると、はっきりにお菓子の座談会どころではありません。私は隣の方の仲人の仕事内容が気になって気になって、モニターはろくに行えませんでした。もう二度とあの会社のモニターできないかもしれない…。それほどまでに私の興味を引いたプロの仲人。

そりゃ誰だって初めてのプロテインは迷いますよ。なんていったってかなりの種類がありますからね。私もどれがいいのか最初はさっぱりでした。
豊富なプロテインの種類
でも探せばあるんですね。親切なサイトが。成分からどんな人向けなのか事細かに説明してくれてとっても安心してプロテインが選べるんです。

帰りがけ、駅までの道が一緒だったので、ここぞとばかりに私は彼女に矢継ぎ早に質問をしてみたんです。すると意外なことに、現代ではかなり仲人が増えてきてるっていう?です。何でかって、それは結婚相談所の存在。結婚相談所に登録している男女も引き合わせる際には、必ず仲介人としてプロの仲人を同席させるとのこと。

さらに普通の言葉が通じないのがコンピューターの厄介なところで、コンピューター言語?で話しかけないということを聞いてくれません。
プログラミングは難しい?
私がプログラマーの人がほんとにすごいなって感心してしまうところが、ちゃんと自分の伝えたいことをコンピューターに伝えられるってとこなんです。

確かにそりゃそうですよね。結婚相談所の仕組みって、要するにお見合いなわけですから、初対面の場合、当然ですが相手のプロフィールや素性などが全くわからないわけです。そこで、2人の間の情報や空気を取り持つ人材として仲人が必要というわけ。今、結婚相談所の数は全国にどんどん増え、それに伴って仲人は人材不足だそう。

会社を退職した後の第二の人生として、仲人という仕事を選ぶご年配の方も多いんですって。昔は、「仲人は草鞋千足」なんて言って2人の家の間を何度も何度も往復し、縁談もかけ持ちで持ったりして忙しい仕事だったそうですが、現代においてはそれもシステマティックに管理されてるとのこと。

会社によるスケジューリングで仕事が進んでいくそうです。けれど、仲人としてのやりがいは昔も今も変わらないとのことでした。初対面で受け持った2人が結婚し、その後幸せな家庭を築いているとの報告をもらうのが1番の楽しみだと、彼女は言っていましたよ。